PR
無線LAN機能を内蔵したSDHC対応メモリ・カード「Eye-Fi Share Video 4GB」
無線LAN機能を内蔵したSDHC対応メモリ・カード「Eye-Fi Share Video 4GB」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Eye-Fi Inc.の日本法人であるアイファイジャパンは2009年4月27日,無線LAN機能を内蔵したSDHC対応メモリ・カードの新製品「Eye-Fi Share Video 4GB」を発売した( 発表資料 )。デジタル・カメラ向けのメモリ・カードで,あらかじめ設定した無線LAN環境に接続すると,撮影した写真や動画を自動的にパソコンやWebサイトに転送できる。オープン価格で,推定実売価格は9980円。

 旧製品に当たる「Eye-Fi Share カード」は容量が2Gバイトで,静止画のみ転送できた( Tech-On!関連記事 )。Eye-Fi Share Video 4GBは,Eye-Fi Shareカードにビデオのアップロード機能を加え、容量を4Gバイトに増やした。動画は「YouTube」や「Flicker」などに送信できる。転送可能な動画は2Gバイト以下で,DCIMフォルダに書き込まれたもの。対応する動画の形式はMPEG-1/4,QuickTime,Flash Video,Windows Media,およびAudio Video Interleave(AVI)である。

 これまで同社のオンラインストアでのみ販売していたが,量販店などでも購入できるようにした。今回の新製品の追加に伴い, Eye-Fi Shareカードを7980円に値下げした。