PR
Intel「Sponsors of Tomorrow」のホームページ
Intel「Sponsors of Tomorrow」のホームページ
[画像のクリックで拡大表示]
Intel「Sponsors of Tomorrow」の広告
Intel「Sponsors of Tomorrow」の広告
[画像のクリックで拡大表示]
Intel「Sponsors of Tomorrow」の広告
Intel「Sponsors of Tomorrow」の広告
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intelは米国時間2009年5月6日,新たなマーケティング・キャンペーンについて明らかにした。「Sponsors of Tomorrow」と銘打ち,5月11日より米国とドイツおよび英国で開始する。第3四半期にかけて20カ国以上に拡大する計画。

 同キャンペーンでは,製品ではなくIntelというブランドそのものに焦点を当てる。「当社が単なるマイクロプロセサ企業ではなく,社会を大躍進させる企業だということを伝えたい」(同社副社長兼Corporate Marketing Groupジェネラル・マネージャのDeborah Conrad氏)としている。

 Sponsors of Tomorrowキャンペーンは,2006年9月に展開した「Intel Core 2 Duo」のマーケティング・キャンペーン以来,最も大規模なものとなる。3~5年のスパンを想定し,数億ドルを投じる。制作は広告代理店の米Venables Bell & Partnersが手がける。印刷物,オンライン,ビルボードなど,さまざまな媒体を使って広告を掲載する。米国,ドイツ,英国ではすでに限定的なティーザー広告をオンライン配信している。

キャンペーン・サイトも開設しており,ビデオなどを視聴することが可能。日本でのキャンペーン開始は9月を予定している。

[発表資料へ]