PR

 日立製作所は,2008年度(2008年4月~2009年3月)の業績予想を修正した(発表資料)。純損失は,前回発表から880億円赤字幅が拡大して7880億円になる見通し。売上高は,前回発表から200億円減少して10兆円になるものの,営業利益は870億円増えて1270億円の見込みという。

 2009年も世界経済の低迷が続くと予測し,繰延税金資産全額を一括評価減したため,法人税などが前回発表と比べて増加した結果,純損失の赤字額が膨らんだ。ただし,営業利益は,高機能材料部門や電力・産業システム部門を中心に,各部門の収益が改善したため,前回予想を上回る見込みとなった。高機能材料部門では230億円,電力・産業システム部門では170億円,営業利益が改善したという。