PR
日本GE 代表取締役社長 兼 CEOの藤森義明氏
日本GE 代表取締役社長 兼 CEOの藤森義明氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米General Electric Co.(GE社)は,より質の高い医療の提供を目指す同社の新戦略「ヘルシーマジネーション(healtymagination)」に,計60億米ドルを投資する。2009年5月12日に東京都内で開催した記者会見で,日本GE 代表取締役社長 兼 CEOの藤森義明氏は,「現在の不況が終わった時に,さらに強いGEでいるために今何をしておくべきか。世界が直面する最も困難な課題が『医療』だ。この問題解決への取り組みこそ,今やるべきことだ」と語り,新戦略の意図を説明した。

 新戦略を踏まえた60億米ドルの使途の内訳は次の通り。まずGE社は2015年までに医療分野の研究開発に30億米ドルを投資して,100件以上のイノベーションを実施する。これにより,「医療に掛かるコストを15%削減,医療品質の15%向上,医療アクセス(患者にとっての医療への接触のしやすさ)の15%拡大」(藤森氏)を目指すという。

 次に,ヘルスケアITなどの推進に向けた取り組みを進める企業に,20億米ドルを投資する。

 さらに,新戦略に関連するパートナーシップの構築やコンテンツ・サービスの拡充に向けて10億米ドルをつぎ込む。GE社は2009年4月,米Intel Corp.とヘルスケア分野の取り組みで提携することを発表し,今後5年間にわたり2億5000万米ドルを共同出資すると発表している(Tech-On関連記事)。これは,この10億米ドルの使途の一つとする。

■変更履歴
記事掲載当初,GE社の社名を誤記していました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。