PR
携帯電話機の国内出荷台数の推移(年度ベース)
携帯電話機の国内出荷台数の推移(年度ベース)
[画像のクリックで拡大表示]

 電子情報技術産業協会(JEITA)の統計によると,2009年3月の携帯電話機の国内出荷台数は前年同期比39.9%減の290万2000台だった。PHS端末は同40.5%減の11万1000台。携帯電話機,PHSともに9カ月連続で前年同期の出荷実績を下回った。

 2008年度(2008年4月~2009年3月)累計の携帯電話機の国内出荷台数は前年度比30.7%減の3585万3000台。1999年以降で初めて,4000万台を割り込んだ。2008年10月以降の世界的な景気後退に強く影響を受けたとJEITAは説明している。