PR
スーパーハイビジョン対応のプロジェクター
スーパーハイビジョン対応のプロジェクター
[画像のクリックで拡大表示]
スーパーハイビジョンの解像度のイメージ
スーパーハイビジョンの解像度のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
「4K2K 60Pカメラ」
「4K2K 60Pカメラ」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ビクターは,走査線の本数が4000本クラスのいわゆる「スーパーハイビジョン」映像に対応するプロジェクターを開発したと発表した(発表資料)。2009年5月21~24日に東京都世田谷区のNHK放送技術研究所で行われる一般公開で展示する予定。

 同社が2008年に発表した8192×4320(約3500万)画素を表示できる反射型液晶パネル「D-ILA」(Tech-On!の関連記事)を,RGBそれぞれで3枚使用し,全色に渡って走査線4000本クラスの解像度を可能にした。従来のスーパーハイビジョン対応プロジェクターでは,3840×2160画素の表示デバイスを使用し,G(緑)のみ2枚の撮像素子を利用して,1枚を半画素ずらした位置に置くことで画素数を倍増させていた。このため,R(赤)とB(青)は走査線4000本クラスの解像度で表現していなかったという。

 輝度は1万lmで,同社の従来機種と比べて1.5倍。400~600型の大画面で投影した場合にも充分な明るさが確保できるとする。コントラスト比は5500対1。光源ランプには3000Wのキセノン・ランプを用い,消費電力を半減させた。

 入力インタフェースには,HDMI(deep color)を採用。16本のケーブルで,76Gビット/秒の情報を伝達できる。RGBの各色で12ビット/秒の階調表現も可能。

 外形寸法は,幅1080mm×奥行き1250mm×高さ456mm。重さは168kg。

 加えて日本ビクターは,有効画素数が3840×2160の,いわゆる4K×2K対応ビデオ・カメラ「4K2K 60Pカメラ」を開発したと発表した(発表資料)。フレーム・レートは60フレーム/秒。4K×2KのRAWデータをリアルタイムで出力できるため,プレゼンテーションや監視・制御,教育,医療など幅広い用途で利用できるとする。NHKエンジニアリングサービスの技術協力を得て開発した。2009年度中に発売する予定。
 
 カメラヘッド部とビデオ出力機能を搭載した信号処理部を分離し,カメラヘッド部の重さを3kgと小型軽量化した。これによって,より機動的な撮影が可能になったとする。カメラヘッド部と信号処理部は光ファイバーで最大100mまで離れた場所に設置できる。独自の通信フォーマットを開発し,カメラヘッド部の撮像素子から信号処理部まで約10Gビット/秒で通信できる。外部からの映像同期信号に対応し,複数のカメラを利用した同期撮影も可能。

 カメラヘッド部には1.25型のCMOSセンサを搭載。12ビット/秒で信号処理する。

 外形寸法は,カメラヘッド部が幅124mm×奥行き353mm×高さ180mm,信号処理部が幅432mm×奥行き500mm×高さ88mm。

 4K2K 60Pカメラも,2009年5月21~24日にNHK放送技術研究所で行われる一般公開で展示する予定である。