PR

 欧州連合(EU)の欧州委員会(EC)は2009年5月13日,米Intel Corp.に対し,欧州競争法(EC Treaty rules on abuse of a dominant position(Article 82))に違反したとして,10億6000万ユーロ(約1400億円,1ユーロ=130円換算)の制裁金の支払いを命じた( EUのニュース・リリース )。x86系のプロセサ市場での独占的地位を乱用し,違法行為があったと判断した。

 これに対し,Intel社のPresident&CEOのPaul Otellini氏は声明を発表し,「我々の行為が欧州競争法に違反しているとは考えられない」とし,控訴する考えを示した( Intel社のニュース・リリース )。