PR

「日本の家電メーカーが,安価な製品を安易に中国市場に投入することはリスクがある」。中国在住のIT(情報技術)ライターの山谷剛史氏は,中国の消費者が思い描く日本の家電製品のイメージを引き合いにして,このように指摘している。2009年初めから中国全土で本格的に開始した国政府主導の補助金支給制度「家電下郷」によって,農村部での家電市場の拡大が期待されている。しかし,日本の家電メーカーが市場拡大の波に乗るためには,低価格化しながら中国の消費者の期待を裏切らないような慎重な製品作りが必要になりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)