PR

 NEC(日本電気)は,文部科学省が推進している「最先端・高性能汎用スーパーコンピュータの開発利用」プロジェクト(次世代スーパーコンピュータ・プロジェクト)の製造段階に参加しないことを決めた(NECの発表資料)。これを受けて,開発の中心となっている理化学研究所(理研)は,次世代スーパーコンのシステム構成を見直す(理研の発表資料)。

 次世代スーパーコンは2006年9月から概念設計を開始し(Tech-On!関連記事1),2007年に概念設計が終了,評価(同2)を経て開発を進めてきた。システム構成として,スカラー型の演算処理部と,ベクトル型の演算処理部を組み合わせた複合システムを採用しており,NECはベクトル部の開発を担当してきた。現在,システム開発は詳細設計フェーズの最終段階であり,今後は製造フェーズ(試作・評価、製造)へ移行する計画。NECは詳細設計フェーズ契約の完了をもって,その後の製造フェーズの契約をしない。

 NECは,製造フェーズに参加した場合,関連する投資が今年度の業績に大きな影響を与える規模になると見込み,製造フェーズの契約をしないことにしたという。NECは今後,将来の高速計算機アーキテクチャの研究や,アプリケーション・ソフトウエアの展開,教育,システム運用などの面で貢献していくとする。

 理研はシステム構成の見直しを進め,2009年度中には製造に向けた試作・評価を開始するとした。当初計画どおりの2012年の完成を目指して開発を進めるという。