PR

 東芝は2009年5月15日,同社の保有するDVD関連の特許を侵害しているとして,米Imation Corp.ら8社を米ウィスコンシン州西部地方裁判所に提訴したと発表した(発表資料)。提訴されたのは,Imation社とDVD記録ディスクの製造事業者3社,および販売事業者4社。提訴の対象となった製品は,DVD-R,DVD+R,DVD-RW,DVD+RW,DVD+R DL,DVD-R DL,DVD-RAMの書き込み可能なDVDディスクである。

 東芝は,「被告8社は,問題となった特許に関するライセンス契約を東芝やDVD6C Licensing Group と締結することなく,書き込み可能なDVDディスクを輸入・販売している」と主張している。「現在米国内で販売されている当該製品のうち,少なくともImation社のブランドである『Imation』および『Memorex』の書き込み可能なDVDディスクは,東芝のDVD関連特許を侵害している」と考えているという。

 東芝は,同社の特許権に関わる製品の販売,製造,米国への輸入差し止めとともに,損賠賠償を求めている。

 なお,被告となった8社は以下の通り。
・米Imation Corp.
・インドMoser Baer India Limited
・台湾CMC Magnetics Corporation
・台湾Ritek Corporation
・米Glyphics Media, Inc.
・米Hotan Corporation
・米Khypermedia Corporation
・米Advanced Media, Inc