PR

 NTTドコモが2009年5月19日に開催した夏モデルの発表会では,新しいサービスの発表もあった。これらのうち,最も大きな変化となりそうなのが,携帯電話機向けのインターネット・サービスである「iモード」用のブラウザーの機能強化である。「フルブラウザの機能をiモードブラウザに取り込んだ」(執行役員 プロダクト部長の永田清人氏)。

 具体的にはまず,Flashコンテンツとして配信される動画形式「.flv」の再生に対応したこと。次にJavaScriptに対応し,地図コンテンツなどの表示を可能にしている。動画に関しては,Windows Media Video形式にも対応した。これらにより,iモードブラウザで表示できるコンテンツの種類を大幅に拡張した。こうした機能拡張に合わせて表示できるページの容量をこれまでの100Kバイトから500Kバイトに拡大した。またタブで切り替える形式のマルチウインドウ表示を実装した。

 このほかサービス関連では,FeliCaを使って複数の携帯電話機をBluetoothで接続するための「iアプリタッチ」の搭載や,音声入力メール対応機種の増大,電池残量表示の細分化などの強化が図られた。iアプリタッチは,Bluetoothを使って携帯電話機をペアリングするためのもので,主として対戦型のゲームに使われる。