PR
図 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンが発表したエコポイント制度対象製品の販売動向(週次集計結果)。
図 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンが発表したエコポイント制度対象製品の販売動向(週次集計結果)。
[画像のクリックで拡大表示]

 家電製品などに関する調査会社のジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは,2009年5月15日から始まった「エコポイントの活用によるグリーン家電普及事業」(エコポイント制度)に関連して,直近の販売動向を明らかにした。2009年4月10日に同制度が発表されて以来,それまでより販売が低迷していた薄型テレビは急回復しているという。

 エコポイント制度開始直前の5月14日(木),薄型テレビの販売台数は前年同日(週・曜日ベース)比で98%,金額は同88%にまで落ち込んでいた。5月15日(金)には一転,販売台数が同186%,金額が同167%に回復した。その後の16日(土),17日(日)も販売台数で同160%前後,金額で同143%を維持した。そのほかの製品についても,15日には冷蔵庫の販売台数が同141%,金額が同174%,エアコンの販売台数が同157%,金額が同167%と好調だった。

 今回のデータは,ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンが開催した「2009 生活家電製品 グローバル・カンファレンス」の中で発表された。