PR
従来のDVC方式の映像符号化技術のブロック図(上)と,OKIが開発した「DVCリアルタイム映像符号化技術」のブロック図(下)
従来のDVC方式の映像符号化技術のブロック図(上)と,OKIが開発した「DVCリアルタイム映像符号化技術」のブロック図(下)
[画像のクリックで拡大表示]
「DVCリアルタイム映像符号化技術」を用いた「多視点スイッチングシステム」の例
「DVCリアルタイム映像符号化技術」を用いた「多視点スイッチングシステム」の例
[画像のクリックで拡大表示]

 OKI(沖電気工業)は,映像を「distributed video coding(DVC)」方式で符号化しながら,リアルタイム処理が可能な符号化技術を開発した(発表資料)。併せて,この符号化技術を利用して,複数のカメラで撮影した多視点映像を配信できる「多視点映像スイッチング通信システム」を開発した。テレワーク(遠隔地間での協調労働)に向けたコミュニケーション・システムやテレビ会議システム,監視システムなどでの利用を想定する。

 DVC方式は符号化処理の際に演算量の大きい動きベクトル探索を省き,誤り訂正符号を利用する新しい動画符号化手法。従来のMPEG-4 AVC/H.264方式などに比べて,符号化処理に要する演算量やメモリ容量が少なく,消費電力が抑えられるため,携帯端末や,多視点映像撮影用カメラなどに向くとされる。その一方でこの手法は,復号化時に,相関推定するため処理に多大な演算量を要する。さらに,復号結果を参照して必要な場合に追加の情報送信を要求(フィードバック)しながら符号量を制御する必要があり,遅延が大きかった。このため従来は,リアルタイム処理が実現できていなかったという。

 今回,符号化回路側で符号量を推測して制御することで,フィードバックを不要とした。加えて,復号化処理の大部分を占めるLDPC(low density parity check)符号の復号化を並列に処理することで高速化した。併せて,復号化の際に必要なフレーム間の相関推定の演算量を抑えた。これらにより,8コアのプロセサを搭載したパソコンを利用して,320×240画素の画像で45フレーム/秒の復号化を実現した。

 OKIは今後,今回の技術を利用したモジュールを開発する。同時に,多視点映像を配信するテレワーク・システムや監視装置などへの応用も検討するという。