PR
「CROSS YOU」の概念図
「CROSS YOU」の概念図
[画像のクリックで拡大表示]
携帯電話機と携帯電話機によるBluetooth接続の自動化の例
携帯電話機と携帯電話機によるBluetooth接続の自動化の例
[画像のクリックで拡大表示]
いっしょにデコ
いっしょにデコ
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは,携帯電話機などの機器間でBluetoothなどを使って無線接続をする際に,機器同士を触れさせるだけで接続設定情報を瞬時にやり取りし,無線接続を自動化する組み込みソフトウエア「Handover Toolkit」を開発したと発表した(発表資料)。非接触IC技術「FeliCa」の通信機能を利用する。ソニーは,Handover Toolkitを組み込むことによって,機器間の無線接続の自動化やアプリケーションの自動起動などを可能にするプラットフォームを「CROSS YOU」と名付け,普及を目指すという。

 Handover ToolkitとFeliCa機能を搭載し,CROSS YOUに対応した機器であれば,機器同士をタッチするだけで,機器が対応するBluetoothなどの無線通信を開始できる。従来,Bluetooth機能などを搭載する機器間でデータ転送をする際には,機器のメニュー画面から,Bluetooth機能の選択や接続先の検索・選択といった煩雑な設定を事前に行う必要があったが,この手間を省けるという。今回,対応したのはBluetoothだが,将来的には無線LANや他の無線規格にも対応する予定とする。

 さらに,「いつ・誰と・何を」交換したかという接続履歴の交換・保存機能や,機器に複数の無線機能が搭載されている場合に,最適な無線を選択する機能も備える。

 Bluetooth接続を自動化する機能は,第1弾としてNTTドコモの携帯電話機の夏モデルに,「iアプリタッチ」サービスとして搭載される。加えて,ソニーはiアプリタッチ向けのアプリケーションとして,携帯電話機のBluetooth機能を使ってユーザー同士で写真を共有し,二人で同時にデコレーションができるiアプリ「いっしょにデコ」も開発した。いっしょにデコは,iアプリタッチ対応の携帯電話機にプリインストールされる。