PR
図 モータシステムをテストするHILSの「E-DRIVE」
図 モータシステムをテストするHILSの「E-DRIVE」
[画像のクリックで拡大表示]

 dSPACEは、モータ制御用ECUを評価するためのHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータ「E-DRIVEシミュレータ」を人とくるまのテクノロジー展2009(パシフィコ横浜、5月20~22日)に出展した。電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)の開発が活発化し、モータ制御ECU(電子制御ユニット)を評価したいというニーズが高まっているのにこたえた。

 同システムでは、構成にもよるが、モータを駆動するインバータ、駆動されるモータ、モータに接続した変速機、バッテリなどのシミュレーションが可能。車両レベルまでシミュレーションレベルを拡大することもできる。また、ECUの信号レベルでのテストや、PCU(パワー制御ユニット)によるパワーレベルでの評価も可能。

 同社はこのほか、センサなどと接続する入出力端子を省き、CANやLIN、FlexRayといったネットワークとの接続に機能を限定することで低価格化を図ったラピッドプロトタイピング用ハードウエア「MicroAutoBox DS1401/DS1507」も併せて紹介した。