PR
図1 説明パネル
図1 説明パネル
[画像のクリックで拡大表示]
図2 右側のラックに納められているモジュールがVTシステムの本体
図2 右側のラックに納められているモジュールがVTシステムの本体
[画像のクリックで拡大表示]

 ベクター・ジャパンは、車載ネットワークに接続したECU(電子制御ユニット)を評価するためのシステム「VTシステム」を開発、人とくるまのテクノロジー展2009(パシフィコ横浜、5月20~22日)に出展した。

 従来、同社は車載ネットワークをテストするためのツール「CANoe」を販売していた。しかし、このCANoeを実行するパソコンと、車載ECUの入出力端子を接続するための機器類はこれまで商品化していなかった。VTシステムはこのCANoeを実行するパソコンと、車載ECUの入出力端子を接続するためのモジュール。また、テスト専用の機能ブロックを備えるのも特徴で、センサをシミュレーションするための抵抗や、負荷をシミュレーションするための可変電子負荷、短絡用のリレースイッチなどを実装している。さらに、ランプや温度センサなどの実負荷を接続することも可能。