PR
体組成計インナースキャン(BC-504)
体組成計インナースキャン(BC-504)
[画像のクリックで拡大表示]

 タニタは,Bluetooth方式の無線通信モジュールを搭載した「体組成計インナースキャン(BC-504)」を2009年7月1日に発売すると発表した(発表資料)。価格は税込み1万9800円。同社が運営する会員制の健康管理サービス「からだカルテ」の携帯機器向けWebサイトに,特設ページを設置して販売する。店頭での販売も,順次開始する予定。健康にこだわりを持つ30代の女性などに向けて,1年間で5000台の販売を計画する。

 Bluetoothに対応する機器に,計測した体重や体脂肪率などの生体情報を送信し,受信側の機器でその情報を管理できる機能を持つ。この機能に対応する最初の機器は,KDDIから発売される携帯電話機「Sportio water beat」と「SOLAR PHONE SH002」の2機種。BC-504から取り込んだ計測データを,KDDIが展開するヘルスケア・サービス「au Smart Sports Karada Manager」で,グラフなどを使って管理できるという。BC-504は,携帯電話機の電源が入っていれば,計測したデータを自動的に送信するという。

 BC-504に採用した通信方式は,Bluetooth Version2.0+EDR Class2。無線の到達距離は10m。計測できるのは,体重,体脂肪率,筋肉量,推定骨量,内臓脂肪レベル,基礎代謝量,体内年齢,体水分率,BMI(体格指数)の9項目。

 単3形の乾電池4本で動作する。外形寸法は,幅340mm×奥行き340mm×高さ34mm。乾電池を含んだ重さは約2.6kg。