PR
パソコンの国内出荷台数の推移(2008年4月〜2009年4月)
パソコンの国内出荷台数の推移(2008年4月〜2009年4月)
[画像のクリックで拡大表示]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は,2009年4月のパソコンの国内出荷台数が前年同期比0.7%減の73万1000台だったと発表した。2009年1月から3カ月続けて2ケタの割合で前年実績を割り込んでいたが,4月は落ち込み幅が小さくなった。デスクトップ型は前年同期比10.4%減の21万台,ノート型は同3.9%増の52万1000台である。いわゆるネットブックを含む「モバイルノート」(B5サイズ以下で重さが2kg未満)が同7.8%増の10万9000台と出荷を伸ばした。

 ただし,金額ベースでは前年割れが続いている。2009年4月の国内出荷金額は前年同期比17.7%減の712億円。2008年7月以降,10カ月続けて前年実績を下回った。デスクトップ型は同15.1%減の243億円,ノート型は同19.0%減の469億円となった。