PR
SolarMagicの外観
SolarMagicの外観
[画像のクリックで拡大表示]

  米National Semiconductor Corp. と中国Suntech Power Holdings Co. Ltd.は,National Semiconductorが保有する太陽電池の出力を高める技術「SolarMagic」の評価に関する覚書を締結した(ニュース・リリース)。SolarMagicは,太陽電池モジュールの一部に日陰ができた場合の出力低下の影響を抑え,システム出力が最大になるよう制御する技術(Tech-On!関連記事1同2)。今回の締結では,今後両社がSolarMagicを推進し,次世代の太陽電池システムの開発に利用することを視野に入れている。

 同時にNational Semiconductor は,ドイツHawi Energietechnik GmbHの工場に設置した太陽電池システムに関して,2009年4~5月に行った実地試験の結果を発表した(ニュース・リリース)。これによればSolarMagicを適用することで,日陰の影響による太陽電池システムの出力低下を54.4%改善できることが明らかとなったという。複数の太陽電池モジュールをつないだシステムの16~20%が日陰に覆われた場合,システムの出力低下が平均で28%だった。これに対し,SolarMagicを適用したシステムの出力低下は7~21%にとどまった。