PR
図●納期から生産リードタイムをさかのぼり,自動発注できる
図●納期から生産リードタイムをさかのぼり,自動発注できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトウエア開発のOSK(本社東京都墨田区)は,中堅・中小の製造会社に向けた統合生産管理システム「生産革新 Fu-Jin SMILE BS」を2009年6月26日に発売する。基幹業務システム「SMILE BS」にアドオンして使用するもの。従来品の「Quick SEIBAN」に比べ,工場内の在庫量を時系列に管理しやすくした。計測機器など比較的小型の機器を組み立てる工場での使用に向く。

 同システムの最大の特徴は,日々の生産に必要な部品や資材を必要な時に自動発注できる点。製品の受注時に納期や数量などを入力すると,その機種の部品構成に合わせて生産リードタイムを逆算し,いつ,何がどれだけ必要になるかを予測する(図)。発注点(常に持っておく必要のある在庫量)の量を下回った時に自動的に一定量を発注したり,発注量を手動で設定したりと,発注の仕方は発注時に数種類から選べる。自動発注の場合は,注文書の数量記載も自動で実施する。

 新製品では,有効在庫(現時点の在庫量+その日の入庫-その日の出庫)を時系列に見える化できる。過去の実績だけでなく,入庫/出庫予定と生産予定に基づいて未来の有効在庫も表示できる。価格はスタンドアロン版が90万円(税別),同トランスファ版が45万円(税別),LAN版が180万円(税別),同トランスファ版が90万円(税別)となっている。