PR
審査委員(右上から時計回りに,アートディレクターの水野学氏,DESIGN ASSOCIATION会長の浅葉克己氏,プロダクトデザイナーの喜多俊之氏,日経デザイン編集長の下川一哉氏,富士通デザイン代表取締役社長の加藤公敬氏,富士通経営執行役モバイルフォン事業本部長の佐相秀幸氏)
審査委員(右上から時計回りに,アートディレクターの水野学氏,DESIGN ASSOCIATION会長の浅葉克己氏,プロダクトデザイナーの喜多俊之氏,日経デザイン編集長の下川一哉氏,富士通デザイン代表取締役社長の加藤公敬氏,富士通経営執行役モバイルフォン事業本部長の佐相秀幸氏)
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通と富士通デザインは2009年5月28日,携帯電話機のデザインをコンテスト形式で募る「FUJITSU モバイルフォンデザインアワード2009」の開催を発表した(発表資料)。実施の背景を同社は,「携帯電話機の購入時に重視する要素のトップは,デザインや色になってきている」(富士通 経営執行役 モバイルフォン事業本部長 佐相秀幸氏)と説明する。多様化する顧客の嗜好に対応するため,携帯電話機のデザイン力を強化することを狙う。

 募集するデザインは,2011年の携帯電話機をテーマにした「リアル部門」と,未来の携帯電話機をテーマにした「ドリーム部門」の2系統がある。プロ,アマ,学生を問わず誰でも応募できる。応募期間は2009年6月5日~7月31日。コンテスト運営は,「東京デザイナーズウィーク」といったイベントを手がけるDESIGN ASSOCIATIONが協力する。

 「富士通の携帯はちょっとダサいな,と思われることもあった。手にとってもらえないと,持っている技術が宝の持ち腐れになってしまう」「これまでデザインにかけられるヒト,モノ,カネといったリソースは少なく,機能・技術開発にかけるリソースに比べ1ケタから2ケタも小さい規模だった。しかし,顧客はデザインを購入動機として重要視しており,これでは(顧客を逃してしまい)もったいない」(同氏)と,デザインの重要性を語った。

 なお,優秀作品は2009年10月6日~10日に開催されるCEATEC JAPAN2009で展示される予定だ。