PR
米Analog Devices社の,ISM帯(industrial, scientific and medical band)の無線帯域を利用するRFトランシーバIC「ADF7022/ADF7023」
米Analog Devices社の,ISM帯(industrial, scientific and medical band)の無線帯域を利用するRFトランシーバIC「ADF7022/ADF7023」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Analog Devices, Inc.は,ISM帯(industrial, scientific and medical band)の無線帯域を利用するRFトランシーバIC「ADF7022/ADF7023」を発表した(発表資料日本語資料)。スマートグリッドやホーム・オートメーション,ビルディング・オートメーションに向ける。

 ADF7022は,ホーム・オートメーション用無線通信プロトコル規格「io-homecontrol」に向けた。利用する周波数帯は868.25MHz,868.95MHz,869.85MHzの三つである。欧州のETSI-300-200規格に準拠する。変調方式はFSK/GFSKに対応する。ベースバンド処理回路を集積した。これにより,メディア・アクセスやパケット管理/検証,バッファ・メモリに対するパケット検索などの処理を,機器のホスト・マイコンを使わずに実行できるとする。

 ADF7023の対応周波数範囲は,430M~464MHzと860M~928MHz。433MHz帯と868MHz帯,915MHz帯のISM帯に向ける。変調方式は2FSK/GFSK/OOKに対応する。ベースバンド処理回路を集積した。データ伝送速度は最大250kビット/秒。受信感度は最大-111dBである。電圧制御発振器(VCO)やフラクショナルN型(分数分周型)PLL回路,10ビット分解能のA-D変換回路などを集積した。

 いずれも電源電圧は+1.8~3.6V。パッケージは5mm角の32端子LFCSPである。1000個購入時の単価はいずれも2.88米ドル。