PR

 米IBMは米国時間2009年5月29日,米シラキュース大学および米ニューヨーク州と共同で同大学の敷地内にデータ・センターを新設すると発表した。発電と排熱,冷媒供給までを行う「トリジェネレーション・システム」のほか,さまざまな省電力/冷却技術などを活用し,消費エネルギーを現在の一般的なデータ・センターの半分以下に抑えるとしている。2009年中に完成予定である。

 このデータ・センターの核となるのは,天然ガス用の小型タービン・エンジンで発電と排熱を行うコージェネレーション・システムを発展させ,冷媒の供給も可能にしたトリジェネレーション・システムである。

 このシステムでデータ・センターの運用に必要な電力をすべてまかなえるため,電力会社などから供給を受ける必要がないという。サーバー用ラックには同社の冷却技術「Rear Door Heat eXchanger」を使う予定である(関連記事:米IBM,データ・センター向け冷却技術「Cool Blue」を発表,発熱を最大55%低減)。

 このデータ・センターの面積は6000平方フィート(約557平方メートル)。開設/運営にかかわる契約は1240万ドル規模で,期間は複数年。同社は500万ドル相当のハードウエアおよび設計/サポート・サービスを提供する。

[発表資料へ]