PR

 日本自動車販売協会連合会は、2009年5月の「登録車の新車販売台数」(特殊車、トレーラを除くナンバーベース)を発表した。合計が17万8503台で前年同月に対して19.4%減となり、10カ月連続でマイナスとなった。

 車種別にみると、軽自動車を除く乗用車の合計は15万9605台で前年同月比16.3%の減少。そのうち、普通乗用車は6万9291台で同18.3%減、小型乗用車は9万314台で同14.7%減。貨物車の合計は1万8375台で前年同月比38.0%の減少。そのうち、普通貨物車は4825台で同51.6%減、小型貨物車は1万3550台で同31.2%減った。バスは523台で同48.9%減った。

2009年5月

車 種 2009年5月 2008年5月 前年同月比
乗用車 普通 69,291 84,857 -18.3%
小型 90,314 105,838 -14.7%
小計 159,605 190,695 -16.3%
貨物車 普通 4,825 9,960 -51.6%
小型 13,550 19,699 -31.2%
小計 18,375 29,659 -38.0%
バ ス 523 1,023 -48.9%
合 計 178,503 221,377 -19.4%