PR

 東京電力は、外部電源式のアイドリングストップ冷凍・冷暖房システムを築地市場に導入した。冷凍マグロを運ぶトラックが待機しているときに荷室を冷凍したり、運転室内を冷暖房したりする。エンジンを止めることにより、CO2排出量と騒音を減らし、環境負荷を削減するモデル事業を実施する。なお、この事業は、経済産業省が公募する「低炭素社会に向けた技術シーズ発掘・社会システムモデル事業」に応募し、選定されたもの。

 具体的には、2009年6月1日から2010年1月29日までの間、築地市場のトラック待機場所に計8基の給電スタンドを設置する。このうち5基は地上に置くスタンド、3基は新たに開発した、壁面に設置する給電システムで、狭い場所に向く。

 システム導入前後の現場環境負荷の実測を通じてCO2排出量の削減や駐車場の騒音低減など、システムの有効性を検証する。同社の試算では、本モデル事業により年間121トン(一般家庭22世帯が1年間に排出するCO2排出量に相当)のCO2を削減できる。試算の条件は、対象車両として築地市場を使用する冷凍マグロ搬送トラックより15台を選定し、このうち、1日に8台が給電スタンド・システムを使うとしたもの。荷室を冷凍するのに給電スタンド・システムで電力を供給する車両は1日あたり5台、利用時間は2000時間(1日8時間×年間250日)とした。

 給電スタンドについては、荷下ろし作業などで混雑したトラック待機場所で、電力を供給するケーブルが脱落して冷凍食材の品質が低下することを防ぐための「ケーブル脱落防止機能」や「警報装置」を付加させた機器を開発し、それらの有効性についても検証する。