PR
今回のICの利用イメージと主な仕様 Intersilのデータ。
今回のICの利用イメージと主な仕様 Intersilのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intersil Corp.は,ESD保護機能付きのレベル・シフター(ロジック・レベル・トランスレータ)ICの新製品を3品種(ISL3034E,ISL3035E,ISL3036E)発売した(ニュース・リリース)。いずれも,100Mビット/秒のデータ伝送速度に対応することを保証する。

 3.3V動作のSDメモリーカードやメモリー・スティック,マルチメディア・カードと,低電圧のシステム・コントローラ(ASICやMCU)との接続に向ける。双方向のレベル・シフトが可能で,方向は自動的に検知する。すべての入力,出力,入出力ピンにESD耐性を持たせている。エア・ギャップ放電モデルで±15kV,接触放電モデルで±9kV,HBM(人体放電モデル)で±15kVの耐性とする。

 3品種は,チャネル数やエネーブル入力の有無が異なる。3品種ともVccVLより小さくなると自動的にシャットダウン・モードになるが,エネーブル入力のある品種では強制的にシャットダウン・モードに入ることも可能。ISL3034E,ISL3035Eは共に6チャネル品で,前者はエネーブル入力があるが後者にはない。ISL3036Eは4チャネル品でエネーブル入力を備える。

 Vcc側は+2.2~+3.6V,VL側は+1.35~3.2Vに対応する。各入力/出力/入出力チャネルは,内部の30μAの電流源で,VccまたはVLにプルアップしている。これで,プッシュプルまたはオープン・ドレインのドライバとして使える。

 各品種とも,2.6mm×1.8mmの16端子リードレスTQFNパッケージに封止する。米国における1000個購入時のチップ単価はISL3034EとISL3035Eが79米セント,ISL3036Eが71米セントである。