PR

 米Texas Instruments(TI)は米国時間2009年6月8日,同年第2四半期の業績予想を上方修正した。売上高は23億~25億ドルの範囲,1株当たり利益は0.14~0.22ドルの範囲を見込む。

 同社は第1四半期決算を発表した際に,第2四半期の売上高を19億5000万~24億ドルの範囲,1株当たり利益として0.01~0.15ドルと予測していた(関連記事:TIの2009年Q1決算,減収減益だが事前予測を上回る)。

 米メディア(Wall Street Journal)によると,TIは取引先が在庫縮小のペースを落としていることが,半導体市場の安定化を示唆していると判断して,予測を引き上げた。

[発表資料へ]