PR

 米Texas Instruments Inc.(TI社)は,同社のマイコン「Piccolo」を搭載し,最大2個のモーターをFOC及びPFC付きで制御できる開発キット2種類を発表した(発表資料)。Piccoloと高性能アナログ回路が搭載された同キットは,ポンプ,空調,冷蔵庫やその他の白物家電といった,コスト低減が要求されるアプリケーションの開発に有効である。

 開発キットはPiccoloのコントロールカード,Code Composer Studio,ソフトウエアライブラリとハードウエアデザイナーズパッケージから構成され,アプリケーションの要件にあわせた開発が行える。「Motor Control and PCF Developer's Kit」には,永久磁石モータが一つ,「Dual Motor Contol and PFC Developer's Kit」には二つ含まれる。開発キットに搭載されるマイコンは「TMS320F28035」が一つで,これには128Kバイトのフラッシュ・メモリと,モータ制御に必要とされる12ビット/16チャネルのオンチップADC,それと高解像度PWM出力を搭載する。またセンサレスFOC用の制御ソフトウエアを使うことで,モータの外部接続デザインを容易に構成できる。ソフトウエアはマイコン上でPFCを含むモータ制御の方法を,段階を追って学びながら簡単に構成できるように配慮されている。二つのPWMモータドライバのブリッジはサイクルごとの電流制限と2ステージの温度制御機能を搭載している。また,オンボードのUSB JTAGエミュレータを使うことで,外部にJTAGエミュレータを接続する必要がなくなり,コストと実装面積の節約に繋がる。更には,PFCの理論を含む,FOCを使ったモータ制御に関する詳細なドキュメントも付属しており,Piccoloを使っての実行手順も含まれている。

 Motor Control and PCF Developer's Kitは369米ドル,Dual Motor Contol and PFC Developer's Kitは399米ドルであり,既に発注が可能である。