PR

 米Texas Instruments, Inc.は,同社の16ビットMCUである「MSP430」シリーズに12MbpsのフルスピードUSBに対応した「MSP430GF55」を追加した(関連資料)。低消費電力ながらフルスピードUSBをサポートするほか,様々なアナログ周辺回路を統合している。バッテリー駆動と低コストが要求される,例えば医療や産業用,ヘルスケア/フィットネスなどの分野のアプリケーションに適している。

 MSP430F55xxは5種類のパワーモードを用意しており,アクティブモードで200μA/MHz,5μ秒以内に立ち上がるスタンバイモードでは2.5μAにすぎない。フラッシュメモリは8Kバイト~128Kバイトまでラインナップされている。アナログ周辺回路としては,消費電流が200μA以下で動作する10ビットもしくは12ビットのADコンバータが用意されている。また超低消費電力のサブ・マイクロアンプ・コンパレータも搭載される。そのほかにハードウェア乗算器や四つの16ビットタイマ,UART/SPI/I2Cなどのシリアルインターフェースを最大4つ搭載する。また低ドロップアウト・レギュレータを内蔵するので,5V単一電源の供給で動作するといった特徴もある。パッケージとしては48ピン(QPF,QFN)と64ピン(QFN),80ピン(QFP,BGA)が用意される。

 MSP430F55xxシリーズは大量注文時の価格は1ドル未満を予定している。サンプルキットの「MSP430F552x」は既に出荷を開始しており,2個の80ピンQFN,ターゲットボード「TS430PN80USB」とドキュメント,ソフトウエアが含まれる。