PR

 特定用途向けのDRAM開発などを行う国内ベンチャー企業のソーバスメモリ(本社:東京都)は,Si基板抵抗を使ってチップ間で信号伝送する新たな3次元実装技術を開発した。既存の製造設備で作れるため,低コストで実装可能なことが特徴で,民生機器への適用を狙う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料