PR

 高専カンファレンス実行委員会は2009年9月7日,都立産業技術高等専門学校 荒川キャンパスで「高専カンファレンス2009秋 in 東京」を同年11月7日に開催すると発表した(プレスリリース)。高専カンファレンスは,現役の高専生や高専卒業生が中心になって運営するイベント。今回は,超小型人工衛星の開発やDNA合成についての講演があるという。

 高専カンファレンスは,2008年6月に高専OBの有志によって第1回が開催され,これまでに5地域で計7回,開催されている。前回は,2009年8月29日に福島県いわき市の福島工業高等専門学校で開かれた。現在,関西,長野,北海道,北東北,九州の5つの地域での開催が企画されているという。

 基調講演では,産業技術高専で超小型衛星「KKS-1 『輝汐』」を開発したチームの当時のチームリーダーである粟田晃平氏が,衛星開発の実際についての講演を行う。特別講演では,理化学研究所の平尾一郎氏がDNA合成について講演する。ほかに,公募による一般講演も行われる。参加は無料で,希望者は参加者募集のページから申し込む。