PR

 米Adobe Systems Inc.は2009年10月5日,「Adobe Flash Player 10.1」を発表した。ターゲットとなる機種はパソコンだけでなく,スマートフォンなどのインターネット接続機能を持つ機器。パソコン向けのWindows版,Macintosh版,Linux版のほか,スマートフォン向けのWindows Mobile版,Palm webOS版については,パブリック・ベータ版を2009年内に公開する。Android版とSymbian OS版は2010年にパブリック・ベータ版を公開する予定。さらにカナダResearch In Motion社と協力し,「Blackberry」版も開発することを明らかにした。

 Flash Player 10.1は同社が推進する「Open Screen Project」の最初の成果であり,パソコン向けと組み込み向けの実行環境が同期して投入される初めてのバージョンとなる。HD動画の再生などを初めとするパソコン向けのコンテンツが,基本的にスマートフォンやそのほかの機器でも利用できるようになる。

 モバイル環境向けの機能として,マルチタッチやジェスチャーへの対応や,加速度センサを利用した表示方向の切り替えなどを可能にしている。