PR
[画像のクリックで拡大表示]

 「一眼レフ・システムは,多種多様な組み合わせを満たすよう本体寸法に余裕を持たせなければならない。これが本体とレンズを大きく重くしている。我々は新製品のGXRで,撮像素子とレンズが『最もコンパクトで最も高画質』になるように組み合わせた」(リコー パーソナルマルチメディアカンパニー プレジデントの湯浅一弘氏)。

 リコーは,撮像素子とレンズが一体になった「カメラ・ユニット」を交換できるデジタル・カメラ「GXR」を発表した(ニュース・リリース)。コンパクト・カメラの軽快さと,一眼レフが持つ拡張性や高画質を共に実現することを狙った。撮像素子とレンズが別体にならないので,レンズの小型化を追求しやすい。また,撮像素子上のマイクロレンズを一つのレンズに特化して配置できるので,周辺光量の低下を容易に避けられる。

 発売は2009年12月上旬。当初から販売するカメラ・ユニットは2種類ある。液晶モニタなどを備えたボディと,それぞれのカメラ・ユニットの主な仕様や特徴,想定価格などは以下の通り。

●ボディ「GXR」
- 液晶パネルは3型のVGA品,色再現範囲はsRGB比100%
- 記録形式はJPEG,RAW(DNG),MotionJPEG(AVI)
- USBなどのほかMini HDMI TypeC端子を装備
- 電池容量は1700mAh,3.6V
- 重さは電池など込みで約226g
- タッチ・パネルは備えていない
- Mg合金に梨地塗装を施している
- 画像処理LSIを内蔵する。品種は基本的に今回発売するカメラ・ユニットが内蔵するものと同じ。二つの画像処理LSIの間で演算の負荷を分散できる。
- 想定実売価格は5万円前後
- 月産台数は5000台

記者の感想では,ボディのボタン類の操作性は良かった。

●カメラ・ユニット「GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」
- 一眼レフと同じAPS-Cサイズの大型CMOSセンサ(有効1230万画素)を内蔵,ソニー製とみられる
- 35mmフィルム換算の焦点距離は50mm
- 最短撮影距離は7cm
- 720/24pの動画撮影に対応
- 奥行きは71.3mm,重さは263g
- 想定実売価格は7万5000円前後
- 月産台数は4000台

記者会見で登壇した二人のプロカメラマンによると「解像力が高く,ぼやけ具合がとても美しい」「ISO 800で撮っても鑑賞に堪える」という。実際の動作では,AF時の合焦速度があまり速くなかった。

●カメラ・ユニット「RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC」
- 「GR Digital III」と同じ,1/1.7型,有効1000万画素のCCDを内蔵,ソニー製
- 撮像素子シフト式の手ブレ補正機構を内蔵,光学3倍ズーム
- 最短撮影距離は1cm
- 奥行きは38.6mm,重さは161g
- 想定実売価格は5万円前後
- 月産台数は3000台

 50mm単焦点ユニットを組み合わせた場合,GXRの競合機種は,オリンパスとパナソニックのマイクロフォーザーズ機,あるいはシグマの「DP2」など。GXRの強みは,コンパクトさや操作性の高さなどになりそうだ。一方,光学3倍ユニットとの組み合わせでは,競合機種としてキヤノンの「PowerShot S90」が一番に挙げられる。S90は「出来が大変良い」(カメラ評論家の山田久美夫氏)だけに,GXRは難しい立場にある。

 もっとも,GXRの拡張性は唯一無二である。リコーは2010年5月ごろに,いわゆる超高速CMOSセンサと望遠レンズを備えたカメラ・ユニットを発売する計画。カメラ・ユニットだけではなく,小型プリンターや小型プロジェクターとGXRを組み合わせることも検討中だ。GXRとカメラ・ユニットを無線/有線通信経由でリモート接続することも模索している。「さまざまなユニットを年に2~3個提供していきたい」(リコーの湯浅氏)。

 リコーはGXRとユニットの接続規格(マウント)について「積極的に他社に採用を働きかけようとは思っていないものの,ベンチャーを含めた他社との協業を拒否するつもりもない。他社がGXR対応品を開発したければ,コネクタの形状自体は汎用なので,マウントは大きな障害にはならないだろう」としている。

 別売りのEVF(電子ビュー・ファインダー)には,フィールド・シーケンシャル方式の液晶パネルを用いている。解像度はVGA相当で寸法は0.37型。なお,リコーのコンパクト機「GX」シリーズはGXRの登場をもってラインアップから外れる予定。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]