PR
Chief Software ArchitectのRay Ozzie氏
Chief Software ArchitectのRay Ozzie氏
[画像のクリックで拡大表示]
Domino'z Pizzaにおける注文件数の推移。高く鋭いピークが続く。
Domino'z Pizzaにおける注文件数の推移。高く鋭いピークが続く。
[画像のクリックで拡大表示]
Dallas(開発コード名)の画面。データを購入したり,アカウントを管理したりできる。
Dallas(開発コード名)の画面。データを購入したり,アカウントを管理したりできる。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoft Corp.は2009年11月17日,米国Los Angelesで開催中の開発者会議「Professional Developers Conference 2009(PDC 2009)」で,これまで開発してきたクラウド・サービス「Windows Azure」を2010年1月から商用サービスにすると発表した。PDC初日の基調講演で,同社Chief Software ArchitectのRay Ozzie氏が明らかにした。2010年1月は商用サービスとして提供するが,Microsoft社が課金を始めるのは2010年2月からになる。また当面は米国内の2カ所のデータ・センターで運営するが,2010年内には欧州で2カ所,アジアで2カ所の計4カ所でサービスを運用する。

 Windows Azureは言わば,クラウド対応アプリケーション向けのOS。Microsoft社はWindows Azureを2008年11月に開催したPDC 2008で初めてその姿を公開し,1年たってようやく製品化にこぎつけた格好だ。併せてクラウド向けデータベース・サービス「SQL Azure」も発表した。

 Windows Azureは,.NET Frameworkに基づくプログラミング・モデルを採用したことにより,サーバーOS「Windows Server」向けに開発したアプリケーション・ソフトウエアを大きく改変することなくクラウドに移行できる点が特徴。これにより,負荷の変動が激しいサービスや,利用者数を予測しにくいサービスを,インフラ整備のために大きなコストをかけることなく実現できるようになる。

 例えばピザ宅配サービスのDomino's Pizza社は,負荷平準化のためにWindows Azureを併用することを考えているという。「例えばSuperbowl Sunday(アメリカン・フットボールの決勝戦がある日曜日のこと)には,注文が一気に跳ね上がる。こうした異常値を想定してシステムを自前で抱えるのは割に合わない」(Domino's Pizza社Enterprise ArchitectのDavid Haubenstricker氏)。そこで通常の負荷の場合は自前のシステムを使い,異常にアクセスが増える場合にWindows Azureを使ったサービスに負荷を振り分けるようにシステムを構成しているという。

 またクラウド・サービスを含むアプリケーションのオンライン・マーケットとして「Windows Pinpoint」を発表した。これはWindows Azureで実現しているサービスで,Microsoft社の製品やサービスだけでなく,サード・パーティの製品やサービスも登録できるという。

 これを利用した事例として,各種データを統一した形式で配布するサービス「Dallas(開発コード名)」も発表した。政府が公開するデータや,企業が販売するデータなどを一元的に表示して,開発者が利用しやすくしている。無償で公開されるデータだけでなく,例えば地理情報データや天気予報データなど有償で提供されるものも並ぶという。データはXMLなど,利用者が指定した形で提供される。開発ツール「Visual Studio」向けに,そのデータを利用するプログラムを自動生成することも可能である。