PR

 米Atmelは,同社の8ビットRICS型マイクロコントローラ「AVR」とRFトランシーバをワンチップ化した新製品として「ATmega128RFA1」を発表した(発表資料)。IEEE802.15.4に準拠したRFトランシーバと「picoPower AVR」を統合したもので,ZigBeeやIPv6/6LoWPAN対応アプリケーションに向けたものとなる。picoPower AVRは,ZigBeeを使ったスマートエナジーやビルオートメーション,通信,ヘルスケアなど向けのアプリケーションに必須とされる長電池寿命を実現するため,消費電力を低減させられる。ATmega128RFA1は,AtmelのQTouchライブラリをサポートしており,静電容量式タッチパネルと組み合わせた機能をワンチップで実現できる。

 ATmega128RFA1は,AtmelのIEEE802.15.4用の2.4GHzトランシーバを内蔵したシングルチップ構成である。このため実装面積のみならず,最終的には部品コストの低減にも効果がある。またMCUのみならずRFトランシーバも低電力・高性能を特徴としているので,消費電力を低く抑えつつ無線を利用する用途に最適である。

 ATmega128RFA1は既に入手可能であり,1万個あたりの価格は4.78米ドルからとなっている。