半導体産業界で,パワー・高耐圧系アナログ回路に強い関心が持たれるようになった。微細化に頼らずとも,デバイスと回路のバランスのとれた技術開発によって健全な成長が期待できたり,アプリケーションが多岐にわたっていながら勝者が決まっていない分野が多いためである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い