半導体プロセス技術の微細化に伴い,アナログ-デジタル混載(ミックスト・シグナル)LSIにおいてクロストーク雑音によるSN劣化やスプリアス発生などが深刻になってきた。CMOSロジックの動作時に生じる過渡的な電流変化と,それがSi基板に伝播して起こる基板クロストーク雑音を如何に解決するかが重要な課題となっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い