EDS Fair2010の特設ステージで,パワー・高耐圧系アナログ回路のセッション『パワー・高耐圧系アナログ回路の現状と課題』が1月29日に開催された。会場には立ち見を含め231名の聴衆が集まり,昨今のパワー・エレクトロニクスに対する関心の高さが感じられた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い