PR

 国際電気通信連合(ITU)がスペインで現地時間2010年2月15日に発表した世界携帯電話市場に関する調査結果によると、世界の携帯電話加入件数は2009年末時点で約46億件にのぼり、2010年には50億件に達する見通しという。先進国における高度サービスおよびデバイスが市場成長をけん引するだけでなく、新興国では携帯電話を用いた医療サービスやモバイル・バンキングの利用が広がり始める。

 世界のモバイル・ブロードバンド・サービスの加入件数は、2009年末時点で6億件以上に達し、今年中に10億件を超える見込み。現在の成長率から考えると、今後5年以内に、ノート・パソコンや携帯電話を利用したインターネットへのモバイル・アクセスがデスクトップ・パソコンによるアクセスを上回ることになる。

 新興市場ではローエンドの携帯電話を医療向上に役立てるようになる。例えば、診察予約のリマインダ・メッセージを発信したり、ワクチンなどの投薬治療の指示をSMSで送信したりといった用途が考えられる。

 また、携帯電話ユーザーが急速に増加している結果、特に新興市場では多数の人々が現在、携帯電話を所有しているが銀行口座を持っていない。こうした状況から、今後モバイル・バンキングを利用する人が増えることになる。

 ITU事務総局長のHamadoun Toure氏は、「経済危機においてさえ、通信サービスに対する需要は衰えなかった。引き続き携帯電話サービスの普及が進み、特に2010年は、モバイル・インターネットを利用する人が増加し、携帯電話サービスの普及はいっそう加速化する」と予測している。

[発表資料へ]