PR

 伊仏STMicroelectronics社は,複数センサを用いた慣性測定ユニット(IMU:Inertial Measurement Unit)を搭載した,「iNEMO」ファミリーの最初の製品を発表した(発表資料)。この製品には,動きや磁気,圧力,温度などを感知するセンサと32ビットのMCU,専用ソフトが含まれている。ゲームやHMI,ロボット,PND,患者監視システムなど幅広いアプリケーションの構築に利用できる。

 STMicroelectronicsのMEMSデバイスを利用。3軸の加速度と角度センサ,磁気モーションセンサ,温度と大気圧/高度センサを搭載しており,IMUは合計10自由度を備えている。モジュールにはデータ記録用のメモリカードソケットと,更にUSB経由のネットワーク接続やZigBee/GPSを接続するための専用コネクタも用意されている。

 iNEMOモジュールの最初の製品であるiNEMO v1(STEVAL-MKI062V1)には六つの異なるセンサと32ビットMCUが搭載され,4.5×5cmの評価ボードで提供される。これにはファームウエアライブラリとPC上で動くGUIが付属し,さらに様々な用途向けのソフトが提供される。

 第2世代のiNEMO(v2)は小型化と,静止/動作時の慣性測定に向けて,センサの統合を推し進めた。v2には五つのセンサが搭載される。ロール/ピッチの2軸ジャイロスコープ(LPR430AL)とヨーの1軸ジャイロスコープ(LY330ALH),6方向の地磁気モジュール(LSM303DLH),圧力センサ(LPS001DL)及び温度センサ(STLM75)である。すべてのセンサとAHRS(姿勢・機首方位照合システム)アルゴリズムは,オンボードの32ビットMCUで管理される。4×4cmのサイズの評価ボードに収められており,必要なファームウエア及びソフトウエアが付属する。iNEMO v2は2010年第2四半期に量産出荷可能である。