PR
透明性が特徴の「ナノセリッシュ」。同素材のシートにアクリルを含浸させたシートと透明(左の矢印部分)だが,通常のセルロースだと不透明になる(右)。
透明性が特徴の「ナノセリッシュ」。同素材のシートにアクリルを含浸させたシートと透明(左の矢印部分)だが,通常のセルロースだと不透明になる(右)。
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイセル化学工業は,これまで販売してきた微小繊維状セルロース「セリッシュ」をさらに微細化した「ナノセリッシュ」を開発した。「国際ナノテクノロジー総合展・技術会議『nano tech2010』」と併催している「nano&neo 新機能材料展 2010」(2010年2月17日~19日,東京ビッグサイト)では開発品の展示も行った。

 ナノセリッシュは,直径が70nm程度で長さは100~300μm。パルプのセルロースにせん断力を加えて,微小繊維化したもの。透明樹脂などに添加しても優れた透明性を維持するのが特徴。同素材のシートにアクリル樹脂を含浸させたフィルムは,光線透過率85%以上を示す(図)。剛性がガラス繊維より高いので,樹脂の強化材としても使える。また,透明な上に線膨張係数が1ppm/kと低いので,樹脂の線膨張係数を下げる機能も備えるという。