PR
ソニー パーソナルイメージング&サウンド事業本部長の今村昌志氏と,ミラーレス機のモックアップ
ソニー パーソナルイメージング&サウンド事業本部長の今村昌志氏と,ミラーレス機のモックアップ
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーがいわゆる“ミラーレス”の新型レンズ交換式カメラを2010年中に発売する。米国カリフォルニア州アナハイムで開催中の展示会「PMA 2010」で発表した。

 ミラーレス機とは,一眼レフ機からミラー・ボックスと光学ファインダーを取り除いたレンズ交換式カメラを指す(日経エレクトロニクスの2010年2月22日号の記事「さらば,一眼レフ,『ミラーレス機』の時代へ」参照)。

 ソニーのミラーレス機は,韓国Samsung Digital Imaging Co., Ltd.と同様,APS-Cサイズの撮像素子を使う。また1080pのフルHD動画に対応し,記録形式はH.264を符号化に用いるAVCHDである。

 新たな交換レンズも発売する。ソニーは今回,3本のレンズのモックアップを示した。交換レンズの接続規格(マウント)の中身は開示されなかったが,「既存のαマウント・レンズがミラーレス機でも使えるよう努めたい」(同社 パーソナルイメージング&サウンド事業本部長の今村昌志氏)としていることから,αマウントと一定の互換性を持つようだ。

ここで「一定」としたのは,αマウントが完全に電子化されていないため。ソニーの新マウントは競合他社の多くと同様,組み付け機構を除いて機械的インタフェースを一切備えない公算が高い。

今回は以下に示すモックアップのみを展示。2010年9月21日〜26日にドイツで開催される展示会「photokina」で詳細を発表するもようだ。
今回は以下に示すモックアップのみを展示。2010年9月21日〜26日にドイツで開催される展示会「photokina」で詳細を発表するもようだ。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
公開したモックアップにはEVF(electric view finder,電子式ファインダー)を取り付ける場所が見あたらない。また背面を見ると,前面が与える印象ほどは本体が薄くないことが分かる。
公開したモックアップにはEVF(electric view finder,電子式ファインダー)を取り付ける場所が見あたらない。また背面を見ると,前面が与える印象ほどは本体が薄くないことが分かる。
[画像のクリックで拡大表示]
本体上部にはポップアップ式のフラッシュのような切り込みがあった。
本体上部にはポップアップ式のフラッシュのような切り込みがあった。
[画像のクリックで拡大表示]
単焦点(非ズーム)とみられるレンズとの組み合わせ例
単焦点(非ズーム)とみられるレンズとの組み合わせ例
[画像のクリックで拡大表示]
ズーム・レンズのモックアップ
ズーム・レンズのモックアップ
[画像のクリックで拡大表示]
一眼レフ機も2010年に発売。最高水準のレスポンスやフルHD動画対応の実現を目指している。
一眼レフ機も2010年に発売。最高水準のレスポンスやフルHD動画対応の実現を目指している。
[画像のクリックで拡大表示]
今回のPMAにおける最注目の発表であるため,記者会見直後は報道関係者などでごった返した。
今回のPMAにおける最注目の発表であるため,記者会見直後は報道関係者などでごった返した。
[画像のクリックで拡大表示]