PR
ヤフオクのトップ画面
ヤフオクのトップ画面
[画像のクリックで拡大表示]
チエビジョンの起動画面
チエビジョンの起動画面
[画像のクリックで拡大表示]
Q&Aのテキストが自動でスクロール表示される
Q&Aのテキストが自動でスクロール表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤフーは,ポータル・サイト「Yahoo! JAPAN」上で提供している二つのサービス,「オークション」「知恵袋」のiPhone/iPod touch向けの提供を開始した。今回,これらのサービスのiPhoneアプリを開発,App Store経由で無料でダウンロード可能にした。パソコンと比較して,3.5型と画面が小さいiPhone向けにユーザー・インタフェースや操作性などをカスタマイズした。これは,同社が提供するサービスを,パソコン以外のテレビや携帯電話機などにも展開する「Yahoo! Everywhere構想」の一貫である。

 オークション向けアプリケーションの名称は「ヤフオク」。2010年2月23日に公開された。トップ画面にはオークションのカテゴリーのアイコンを並べた。「あえてiPhoneのユーザー・インタフェースに似せるとともに,操作性も継承した。専用アプリケーションならではの軽快な動作にこだわって開発した」(ヤフー)という。

 機能としては,商品検索や自分のオークションの管理,入札ができるが,出品はできない。「出品も今後できるようにする」(同)。

 一方,ユーザー参加型Q&Aサイトである「知恵袋」の,iPhone/iPod touch用アプリケーションの名称は「チエビジョン」。2010年2月24日に公開された。通勤・通学時のひまつぶしとして,読んで楽しめるようなアプリケーションを目指した,という。

 自分が読みたいQ&Aを選択したら,自動でテキストがスクロール表示される仕組みや,あらかじめ3分間程度の分量のテキストを端末にキャッシュしておき,無線通信がオフになっても読み続けられるような工夫をしたという。「通信が途切れる地下鉄の駅間でもテキストを読める」(同)。

 同社は,米Google Inc.のAndroidを搭載した携帯電話機向けのサービス提供も「検討中」としている。