PR
iTunes Storeのホーム画面例
iTunes Storeのホーム画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは米国時間2010年2月25日、デジタル・コンテンツ配信サービス「iTunes Store」における楽曲のダウンロード販売が100億曲を突破したと発表した。2008年6月に50億曲を記録してから1年8カ月での達成となった(関連記事:iTunes Storeの楽曲ダウンロード数が50億曲突破、映画は1日5万本)。

 記念すべき100億曲目は、米ジョージア州ウッドストック在住のユーザーが購入したJohnny Cashの「Guess Things Happen That Way」だった。100億曲突破記念として、この購入者には1万ドル相当のiTunesギフト・カードが贈呈される。

 iTunes Storeは現在、音楽を1200万曲以上、テレビ番組を5万5000本以上、映画を8500作以上提供している。高精細(HD)画質の映画は約2500作を揃える。

 米NPD Groupの調査によると、米国音楽小売り市場において2009年前半に最も多く楽曲を販売したのはiTunes Storeで、全体の25%を占めた。デジタル音楽のみに限定した場合、iTunes Storeのシェアは69%にのぼる(関連記事:2009年前半の米国音楽小売り販売市場、全体の25%をAppleが販売)。

[発表資料へ]