PR

 伊仏STMicroelectronics社は,コンピュータの周辺機器から産業向けまでの幅広い分野の制御アプリケーションに向けて,SPEAr(Structured Processor Enhanced Architecture) MCUファミリーに新たに4製品を追加する(発表資料)。SPEAr MCUファミリーは,ARMコアをベースにしたもので,組み込み向けの複雑な制御システムを短期間/低コストで構成できることを目的に提供している。

 省電力の90nm/65nm HCMOS(ハイスピードCMOS)プロセスを使って製造される。搭載するのは一つもしくは二つのARM926EJ-Sコアで,通常環境で400MHz,温度/電圧の限界状態でも333MHzで稼動する。これにメモリインタフェースと,様々なコネクティビティ/通信/オーディオ/ビデオなどのIPを組み合わせた形で構成される。ターゲットは,VoIPフォンやワイヤレスアクセスデバイス,Thin Client,PCのドッキングステーション,バーコードスキャナ/リーダー,ホームアプライアンス,住宅制御/警備,医療/研究施設の機器など,コミュニケーションや表示/制御を行うネットワークデバイスである。

 今回発表されたのは以下の4製品である。

●SPEAr300:HMIやセキュリティなどの用途に向けた製品。カメラとLCD/キーボードインターフェース,暗号化アクセラレータ,TDMバス,USB 2.0,Fast Ethernetを内蔵する。

●SPEAr310:テレコムアプリケーション向けに特化した製品。Fast Ethernetを5ポート備えるほかTDMバス,HDLCポート×2,暗号化アクセラレータ,USB 2.0を内蔵する。

●SPEAr320:産業用機械制御や民生などの用途に向けた製品。CANインタフェースを二つ備えるほか,シリアルポート×4,標準パラレルポート,LCDコントローラ,暗号化アクセラレータ,USB 2.0を内蔵する。

●SPEAr600:デュアルコア構成の製品。7333DMIPSの性能を持ち,演算性能が必要とされるアプリケーションに適している。ギガビットEthernetとUSB 2.0,FPGAを接続するための外部ローカルバス,LCDコントローラが内蔵される。

 既に量産を開始しており,シングルコアのSPEAr300/310/320は7米ドル以下で,デュアルコアモデルのSPEAr600は9米ドル以下となっている。これらの4製品に加え,アプリケーションの迅速な開発とテストのために開発キットも提供している。