PR

 米iSuppliは現地時間2010年3月9日、世界パソコン市場に関する調査結果を発表した。それによると、2009年は台湾Acerが大幅に成長して3位になり、2位の米Dellと市場シェア0.2ポイント差に迫った。2008年における両社の差は3.8ポイントだった。

 2009年の世界パソコン出荷台数は合計3億230万台で前年比1.0%増加した。Acerの出荷台数は同21%増加し、トップ5ベンダーのうち最も急伸した。米Dellは同9.9%減少し、トップ5ベンダーの中で唯一前年実績を下回った。

 iSuppli主席アナリストのMatthew Wilkins氏は、「Acerの成功を支えたのはノート・パソコン市場だ」と指摘する。Acerの2009年出荷台数の80%近くをノート・パソコンが占めている。また、Acerはデスクトップ・パソコン市場の低迷にもうまく対処し、デスクトップ・パソコンの出荷台数が全体平均で前年比15%落ち込んだにもかかわらず、同社はわずか0.1%減にとどめた。

 一方Dellは、ノート・パソコン出荷台数の増加率が全体平均より低く、デスクトップ・パソコンの落ち込み幅は全体平均より大きかった。

表●2009年世界パソコン市場のトップ5ベンダー別出荷台数(単位:1000台)
順位ベンダー名2008年2009年増減率
出荷台数市場シェア出荷台数市場シェア
1Hewlett-Packard55,51518.6%59,62019.7%7.4%
2Dell43,26214.5%38,95912.9%-9.9%
3Acer31,80710.6%38,48512.7%21.0%
4Lenovo21,7907.3%24,8858.2%14.2%
5東芝13,6044.5%15,4645.1%13.7%
その他133,22844.5%124,92641.3%-6.2%
合計299,205100.0%302,339100.0%1.0%
出典:iSuppli

[発表資料へ]