PR
「Google Reader Play」の画面例
「Google Reader Play」の画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは米国時間2010年3月10日、セットアップ不要の手軽なフィード閲覧ツール「Google Reader Play」を発表した。設定の手間をかけずに、Web上のおもしろい情報を手軽に閲覧できるとしている。新サービスを試験的に公開する「Google Labs」のもとで提供する。

 Google Reader Playは、ユーザーがフィードの登録などを行うことなく、ブログ投稿やニュース記事のフィードを自動的に表示する。同社が従来より提供しているRSSリーダー「Google Reader」で人気アイテムを提示する機能と同様の技術を採用している。投稿や記事に含まれる複数の画像やビデオがウインドウの下部にサムネイル表示され、上部中央の大きな画面で閲覧することができる。中央のlike(お気に入り)ボタンをクリックすることにより、それ以降、好みにあったアイテムを表示するようパーソナル化することもできる。

 GoogleはGoogle Reader Playについて、「興味のあるアイテムを手軽に楽しむためのツールであり、関心のある情報や読み物をまとめて追跡するGoogle Readerとは本質的に考え方が異なる」と説明している。

 Google Reader PlayはWebサイトから利用可能。Googleアカウントは不要だが、パーソナル化機能を使うには、Googleアカウントでログインする必要がある。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]