PR

 帝人デュポンフィルム(本社東京)は、2010年4月1日出荷分からポリエステル・フィルムの価格を10%引き上げると発表した。原油高騰に伴う原燃料価格の上昇が合理化努力で吸収可能な範囲を超えており、原燃料価格上昇の吸収と、研究開発や設備への継続的投資、ならびに製品の安定供給を維持のために値上げするとしている。

 対象となる製品は、PET(ポリエチレン・テレフタレート)とPEN(ポリエチレン・ナフタレート)などのポリエステル・フィルムと、その加工製品。対象用途は、工業用、包装用、磁気用(データメディア用PENフィルムの10%値上げについては既に2010年3月4日に発表済み)。