PR

 シャープは,大阪府堺市で建設を進めてきた薄膜Si型太陽電池の新工場において,2010年3月29日に生産を開始した。年間生産能力が160MWの生産ラインで,タンデム構造とトリプル構造の薄膜Si型太陽電池を生産している。生産した薄膜Si型太陽電池は,欧州向けを中心に2010年4月中旬ごろから出荷を始める。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い