PR

 Siemens PLM Software社上級副社長(製品担当)で最高技術役員(CTO)のChuck Grindstaff氏は、同社が2010年5月20日に発表した「HD(High Definition)-PLM」について、エンドユーザーに情報を提示する際には、「役割分担」「コンフィギュレーション」「コンテキスト」を情報の選択処理や整理の基準にしている、と述べた。HD-PLMではユーザーそれぞれに対して、その時点での仕事に必要十分な情報を最も適当な形式で提示することを主なコンセプトとしている。これを実現するためには、仕事と情報を結び付ける仕組みが必要であり、そのときの観点を上記の3点にしたものとみられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になれば
今なら「綱渡りの楽天携帯」「Road to 6G」など
モバイル・通信関連記事が無料で読み放題!
12月22日まで
モバイル・通信関連のお薦め記事一覧

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中